Q&A 質問と回答

変形性膝関節症について

変形性膝関節症とはどのような病気ですか?
中高年の方に多く膝の軟骨がすりへり、いたむことによっておこる病気です。
軟骨は膝にかかる衝撃をやわらげるクッションの役割をします。これがいたむことによって骨に変形が生じたり、また炎症が起きて水がたまったりします。日本中で1,000万人の患者さんがいると言われています。特に女性に多く見られます。進行のしかたを図で示します。
※変形性膝関節症が進行するにつれて軟骨(青色の部分)がすり減り、最後には軟骨の下にある骨が露出し、衝突しています。
変形性膝関節症の治療について教えてください。
  1. 基礎療法
    この病気の基礎となる最も大事な治療です。
    ① 減量
    ② 体操療法 膝のまわりの筋肉を強くし、また筋肉の柔軟性を高めます。

  2. 炎症の強い時には、痛みをとり、炎症を和らげる飲み薬や湿布を使います。
  3. 理学療法
    温熱療法やレーザーなど
  4. 関節注射
    ヒアルロン酸の注射が一般に行われます。
  5. 装具療法
    サポーターや足底板など
  6. 手術
    以上の治療をしても効果が得られず日常生活が十分に行えない人が対象です。
    一般に人工膝関節置換術が行われます。
膝にたまった水を抜くと、くせになるって本当ですか?
水を抜くことによって水がたまりやすくなる、すなわちくせになるということはありません。ただし、関節にたまる水は関節が炎症を起こすことによって生じるものなので炎症がおさまらない限りまた、たまります。いかに炎症をおさめるかが大切です。
なぜ膝の関節だけに水がたまるのですか?
関節に炎症が起きればどの関節でも水が溜まります。ただし、他の関節に比べて膝は関節包が大きく、関節のスペースが広いためにたまる水(関節液)の量が多いのです。
9:00〜12:30 15:00〜18:30 木曜午後・土曜午後休診
休診日 日曜日・祝祭日
アクセスマップ
亀21 (亀戸〜東陽町)旧葛西橋バス停下車 亀29 (亀戸〜西葛西)旧葛西橋バス停下車 亀24 (東大島〜葛西橋)七砂小前バス停下車 門21 (東大島〜東陽町)七砂小前バス停下車 駐車場 常時8台駐車可能
駐車場